久しぶりに「鬼龍院花子の生涯」を観た。
五社英雄監督作品はイイ。
彼の殆どの作品は、欲望剥き出しの男に出逢った美しい女性達がヒドい目にあう。そこに渦巻くオンナの情念を描く。
一言で表すと「自分が女であることを思い知る」を描く。といったカンジ。
その非人道的な世界観に心底興奮してしまう。
この映画ではとにかく夏目雅子、岩下志麻が美しい。
仙道敦子の子役時代の演技がスゴい!
夏木マリの風貌が現在とまったく変わらないのがスゴい!
仲代達矢の演技がキレまくっててサイコー!
現在では明らかにNGな描写もある映画だ。そういったところを抜きにしても、描きたい想いを具現化したいというパワーに溢れた映画だ。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RSS S.M.Tinglog

  • ギターの弦 2019年3月15日
    Ryuheyです。30年弱ギターを弾いている。ずっと弦はアニーボールを使用していたのだが、ここ1年ほどはコレ。 […]